2019年8月31日の世界一受けたい授業で「夏のダメージケア 肌の救世主 美肌菌」が

放送されていました。

肌にも腸のように善玉菌、悪玉菌があるそうなんです。初めて聞きましたが腸でいう

善玉菌が美肌菌(代表的なものが表皮ブドウ球菌)で、美肌菌を増やすことで

美しい肌を保てるということです。

教えてくれたのは、銀座ケイスキンクリニック医院長、慶田朋子先生です。

美肌菌を育てる方法

美肌菌は誰でも持っているもので、肌を守っているバリアの膜を作ったり、

肌に潤いを与えたりする良いことづくめの菌なのだそうです。

なので美肌菌を増やし、悪玉菌を減らすことがとても大切です。

カミソリで顔をそらない

美肌菌は肌の一番表面にあるためカミソリで剃ると角層とともに剃り落とされて

しまうので、潤いのない肌になってしまうそうなんです。

一度なくした美肌菌は回復するのに時間がかかってしまうので、カミソリを

使用する頻度を抑えるのが理想なのだそうです。

男性がシェーバーを使用する時も同様ですが、ひげ剃りをしないわけにはいかないので、

シェーバー用のジェルなどを使って肌への刺激を極力抑えたほうが良いそうです。

腸内環境を整える

美肌菌の住みやすい環境を作るためには、腸内環境を整えることが大切なのだそうです。

腸内環境が改善されると水分量が上がって肌荒れが減るため美肌菌が住みやすい環境に

なります。

腸内環境を良くするために食物繊維が豊富なドライフルーツを加えた無糖ヨーグルトが

とても良いそうです。

美肌菌を守る正しい洗顔法

間違った洗顔法では美肌菌を保つことができません。慶田先生が教える正しい洗顔法を

30代、40代の女性が2週間実践した結果、驚くほどきめが整った美肌になりました。

やり方

1,髪の生え際までしっかり洗顔できるよう髪をあげます

2、設定温度を35℃にする

3,ぬるま湯で濡らす

4,洗顔料は泡タイプなら3プッシュくらいの量をとります

5,皮脂の多いTゾーンに多く泡をつけます

6,指の腹で優しく洗います

7,すすぎは生え際もしっかり12回ほどすすぎ洗顔料が残らないようにします

8,タオルで水分を吸わせるように優しくふきとります。

肌を引き締める為に冷水で洗顔をする方もいるようですが、皮膚の温度が下がると

潤い物質が蒸発することがわかっているのでぬるま湯を使います。

肌のシミ、くすみケア

肌のシミにオススメな食材

シミを防ぐアスタキサンチンという物質は肌のシミの原因となる活性酸素を抑制する

最強の抗酸化物質なんだそうです。

そのアスタキサンチンを多く含むのが「鮭」なんだそうです。

肌のくすみにヨーグルトパック

ヨーグルトの乳酸菌は肌の新陳代謝を促進しターンオーバーの周期を整え、綺麗な

肌を保つそうです。

※ターンオーバー・・皮膚は4週間かけて新しい表皮に生まれ変わり、さらに2週間かけて

古い角層をはがれ落としますが、その期間のことをターンオーバーと言います

1,軽くぬるま湯で洗顔します

2,顔全体にヨーグルトを塗ります

3,5~10分おきます

4,きれいに洗い流す

まとめ

シミ、しわ、たるみの原因の80%は太陽光で、光老化(ひかりろうか)と言うそうです。

美肌を保つ為には、外に出るときは日焼け予防をすることはもちろんのこと正しい洗顔法を

実践することも大切ですね。

 

スポンサーリンク