夕食のメニューをだいたい決めていても、仕事で疲れて帰ってくると手の込んだものは

作りたくないと思う時がありますよね。

ささっとできるものはいかにも手抜きに見えてしまうし、悩んでしまいます。

2019年10月21日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは「簡単スピードメニュー」

として「手羽と舞茸のしょうが焼き」を紹介していました。

教えて下さるのは、辻調理師専門学校の岡本健二先生です。

手羽と舞茸のしょうが焼きレシピ

豚肉のしょうが焼きの手羽中バージョンで、とても手が込んで見える料理なのに

とても簡単にできてしまいます。

【材料】(2人分)

手羽中  ・・・・・・16本       サラダ油 ・・・・・・適量
(半分に切ったもの)

舞茸   ・・・・・・100g        塩    ・・・・・・適量
(手で大きめにほぐしたもの)

みりん  ・・・・・・大さじ3       サラダ菜 ・・・・・・4枚

しょうゆ ・・・・・・大さじ3

酒    ・・・・・・大さじ3

おろししょうが・・・・10g

おろしにんにく・・・・小さじ1/3
(チューブのものでOK)

【作り方】

1,ボールにみりん、しょうゆ、酒を入れ、手羽中を入れ上からラップを密着させ

5分ほど漬け込みます

2,1をペーパーでしっかり水分をとっておきます

※しっかり水分を取ることで焦げにくくなります

3,手羽中の漬け汁におろししょうが、おろしにんにくを加えたれを作ります

4,フライパンにサラダ油をひき、強めの中火で炒め焼き色がついたら塩をふり

全体になじませ取り出します

5,フライパンに油をひき、手羽中を並べ弱火で皮目の方から2分ほど焼き、ひっくり

返して1分半ほど焼きます

POINT 手羽中は火が通りにくく、下味がつけてあり焦げやすいのでじっくり

弱火で焼きます

6,5に半分だけたれを入れフライパンを動かしながら炒め、さらに残りの半分のたれを

入れたれがよく絡むまで軽く煮詰めます

7,皿にサラダ菜をひき、手羽中、舞茸を盛り付けたら完成です

最後に

このように炒めて味付けをする場合の味付けの基本は、しょうゆ、酒、みりんが同量

なんですね。

覚えておくといろいろな料理に応用できそうです。

上沼恵美子さんもおっしゃっていましたが、きのこ類は炒めるととても香りがよいので

食欲をそそります。

スポンサーリンク