ここ数年、TVや雑誌などで「インナーマッスル」や「体幹」を鍛えるなどの特集を

よく目にするようになりました。

2019年11月15日放送の羽鳥モーニングショーでも「インナーマッスル活用術」が

紹介されていました。

インナーマッスルを正しく使うことで肩こり、腰痛、尿漏れ、便秘が解消されるそうです。

インナーマッスルとは?

ボディービルダーが鍛えているムキムキの筋肉は力を入れるためのアウターマッスルです

それとは対照的に、インナーマッスルとは体の奥にあって関節や内臓を支える、生活

するための筋肉です。

インナーマッスルが骨を支えないと二足歩行ができず、衰えてくると背中が丸まり

四足歩行に戻るようなイメージに。

弱まってくると肩こり腰痛どころか寝たきりになることもあるそうです。

 

今回教えて下さったのは、インナーマッスル研究の第一人者、早稲田大学スポーツ科学

学術院教授の金岡恒治先生です。

腰痛の原因

腰痛の原因は、アウターマッスルの脊柱起立筋が炎症を起こすことですが、その炎症を

起こす原因がインナーマッスルの腹横筋の衰えによるものなのだそうです。

腹横筋が衰えると脊柱起立筋に負担がかかるためです。

肩こりの原因

肩こりの原因はアウターマッスルの僧帽筋の炎症を起こすことですが、

インナーマッスルの菱形筋の衰えが原因になっているそうです。

腰痛と同じように菱形筋が衰えると僧帽筋に負担がかかるためです。

インナーマッスルチェック法

現時点でインナーマッスルが正しく使われているかどうかチェックする方法が

あります。

・家族などにチェックしてもらう方法

四つん這いになり水平になるまで片足をあげます

(腰のあたりに物差しなどを置くとわかりやすい)

骨盤が傾くようならインナーマッスルが衰えています

・自分でチェックする方法

・たったまま靴下をはきます

ぐらぐらしてバランスがとれないようならインナーマッスルが衰えています

・片足で椅子から立ち上がります

立てないようならインナーマッスルが衰えています

インナーマッスル活用法のやり方

腰痛を和らげるインナーマッスル刺激法

【腹横筋刺激法】

1,へその下を凹ますように意識して力を入れます

※ベルトとおなかの間に隙間を作るようなイメージ

2,おなかに力を入れてお尻の穴をすぼめます

これを体を動かす前に、1日1回、一瞬でOKです。

毎日やって3ヶ月続ければ腹横筋が自然に使えるようになるそうです。

 

肩こりを和らげる肩甲骨クローズ

【菱形筋を働かせる】

1,手のひらを内に向けるように腕をあげます

2,肩甲骨の下部を意識しながら、手のひらを外に向けながらゆっくり下げます

※肩甲骨を寄せるようなイメージ

これを3秒ずつ10往復やります

【凝り固まった肩には簡単ストレッチギューストン】

1,両肩を思い切り上げます

2,肩の力を一気に抜きます

これを3往復します。

 

ぽっこりお腹改善法

骨盤の底にある体の一番したのインナーマッスル骨盤底筋群は内臓や脂肪を下から

支えて正しい位置を保つ働きがあります。

その骨盤底筋が衰えると内臓や脂肪が支えられなくなり前に出てしまい、ぽっこりお腹

尿漏れ、便秘にもなるそうです。

【骨盤底筋群改善法】

へその下(丹田)から恥骨に呼吸しながら意識を集中し、おしっこを途中で止めるような

感じで力を入れます。

腹横筋と連動させて収縮すると効果が大きくなるそうなので、腹横筋刺激法は両方の

インナーマッスルを刺激して効果が大きいですね。

 

長嶋一茂さん直伝全てのインナーマッスルを一度に鍛える方法

長嶋一茂さんは元野球選手、そしてスポーツ好きということもあり、インナーマッスルに

ついて詳しいです。

そんな一茂さんが、腹横筋、菱形筋、骨盤底筋を一度に鍛える方法を教えてくれました。

【やり方】

床にうつぶせで、肘を前について、肘と足のつま先で体を支えます

これも一瞬でOkだそうですが、かなりキツイです。

まとめ

金岡先生はインナーマッスルは体を支える、バランスととるという生活に欠かせない

筋肉なので鍛えると言うよりは正しく使えるように無理なく改善していくのが

大事だとおっしゃっていました。

無理なく毎日継続していくことが大切ですね。

スポンサーリンク