2019年8月29日放送の「日本人の3割しか知らないことハナタカ優越館」でトマトのだしを

使った料理レシピが紹介されました。

トマトでだしをとるなんて驚きですが、教えてくれたのは大学生野菜ソムリエプロの

森之翼さんです。

野菜ソムリエプロは日本野菜ソムリエ協会が認めた野菜ソムリエよりも上の資格です。

まだ19歳なのにすごいですよね。

トマトのだしレシピ

トマトだけではなく昆布、かつおの削り節にトマトを加えるのですが、正直味の相性は

どうなのかな?と思いましたが、トマトのさっぱり感と甘みが加わりとても美味しいそうです。

和食だけでなく、洋風のレシピにも活用できます。

材料(4人分)

トマト・・・・・350g          塩・・・・・小さじ1強

昆布 ・・・・・10g            水・・・・・900ml

かつお削り節・・10g

作り方

1.強火で1分昆布とかつおの削り節を煮込みます。

POINT 強火で1分煮た後、沸騰させずにとろ火で30分煮る

2,昆布とかつおの削り節を取り出します

3,トマトをくし切りにし、昆布とかつおの削り節を取り出した後の

だしに入れます。

4,ボールを下に置いてふきんを敷いたざるにあけ、ふきんに包まれた

トマトを絞りボールに入っているだしに加えます。

5,だしに塩を加え味を調えたら完成です

 

トマトのだしを使った夏野菜の冷やしおでんレシピ

材料(4人分)

番組内ではとくにこの野菜でという説明はありませんでしたが、

おくら、なす、ミニトマト、ゆでとうもろこし、こんにゃく、ゆで玉子

などが使われていました。

作り方

1,トマトだしに夏野菜を入れ5分ほど煮ます

2,余熱をとって冷蔵庫で6時間ほど冷やしたらできあがりです

熱がさめるうちに味がしみこんで、具材もしっかり味がついています。

トマトのだしを使ったかぼちゃそうめんレシピ

茹でてほぐすとそうめんのようになるそうめんかぼちゃを使います。

洋風の味付けです。

材料(4人分)

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)・・・・・1個    そうめん・・・・・4人前

水           ・・・・・80ml

★トマトだし      ・・・・・700ml

★無調整豆乳      ・・・・・300ml

★ガーリックパウダー  ・・・・少々

★ハーブソルト     ・・・・・少々

作り方

1,そうめんかぼちゃ1個を洗って2㎝ほどの輪切りにし、さらに半分に切り

種とわたをとります

2,切ったそうめんかぼちゃをフライパンに入れ水を入れます

ふたをして沸騰したら弱火で13分ほど蒸します

POINT 水が多すぎるとうまみや甘みがにげてしまうので

分量(80ml)より多くならないようにすることと

蒸しすぎると食感が無くなるので注意して下さい

3,蒸しあがったらフライパンから取り出し、あら熱をとってほぐします

4,ボールに★印の材料を入れ、スープを作ります

5,ゆでたそうめんにオリーブオイルを絡めておきます

6,ほぐしたそうめんかぼちゃとそうめんをスープにまぜたら完成です

まとめ

トマトでだしをとる発想はこれまでなかったので目からウロコでしたね。

でも最近では冬場にトマト鍋が人気だったり、インスタントにもトマトのスープが

売られていたりと料理の幅がとても広がってきています。

でも旬である夏が一番美味しく頂けそうですよね。

スポンサーリンク