忘年会のシーズン到来ですね。

何度も続くと悪酔いをして体調を崩したり、二日酔いで次の日の仕事に影響が出たり・・・。

2019年12月15日放送のゲンキの時間では「肝臓を労わる~悪酔いしないお酒の飲み方」として

体に負担のかからないお酒の飲み方を紹介していました。

教えてくれたのは、横浜市立大学付属病院肝胆膵消化器病額教室、医学博士の米田正人先生です。

悪酔いしないお酒の飲み方とは

悪酔いが起きる理由とは?

お酒を飲むと肝臓でアルコールからアセトアルデヒドに変わり、さらに分解され体外に

排出されますが、肝臓で分解される以上の多量のアルコールを飲むと分解できず体内に

残るってしまうそうです。

体内にアセトアルデヒドが残ってしまうと頭痛、胃痛、吐き気といった悪酔いにつながって

しまうそうなのです。

そんな状態が続くと、肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝や、幹細胞が壊れ硬くなってしまう肝硬変の

ような命にかかわるような病気になってしまうそうです。

おつまみの選び方とタイミング

米田先生が日本酒女子会の飲み会とお笑い芸人の男子ばかりの飲み会を比べながら

ウォッチングして正しい飲み方を教えてくれました。

◆空腹にお酒を飲むのはNG

「とりあえず乾杯!」はよくあるパターンですが、胃に何もない状態でアルコールを摂ると、

すぐに小腸に運ばれ急激に吸収され悪酔いする結果になってしまいます。

先にお通しを食べておく、お酒を飲み始める前に水を飲むことでアルコール濃度を薄めることで

悪酔いの防止になるそうです。

◆始めに選ぶお酒は度数の低い物から

ビール、カクテルなどはアルコール度数が低めなので、飲み会の一杯目には適しているそうです。

◆飲むペースが速いのはNG

飲むペースが速すぎると肝臓での分解が追いつかなくなり悪酔いにつながるそうです。

◆おつまみの選び

女子会では始めに選んだメニューはポテトサラダとたこのカルパッチョ、男子会では麻婆豆腐、

鶏のスパイス焼でした。

OKメニュー

・ポテトサラダは食物繊維が豊富でマヨネーズに使われている油分は、急にに胃袋から腸に

アルコールが送られるのを予防するそうなので、最初に注文するメニューとしてはオススメだそうです。

・たこのカルパッチョはたこに含まれるタウリンは肝機能を高めますが、始めのほうに注文するよりは、

肝臓に送られるアルコールが増えてくる中盤以降に頼むとより効果的なのだそうです。

・序盤に頼みがちなえだまめはタンパク質やビタミンB1がアルコールの分解を手助けしますが、飲み会の

中盤以降に頼むのが良いそうです。

・終盤のデザートとしてのアイスクリームは、アルコールを適度に飲んだときは、肝臓がアルコールを

分解するためにエネルギーを欲するので良いそうです

・シメにご飯物としてチーズリゾットはチーズに含まれるメチオニンは肝機能を高め肝臓のエネルギー源に

なる炭水化物が豊富なのでOKですが、シメは小皿一杯程度がベストなのだそうです。

(男子会ではチーズリゾットとレタスチャーハンの2品を注文していましたが、2品は

多すぎるそうです)

NGメニュー

・麻婆豆腐、鶏のスパイス焼などの唐辛子やにんにくが効いた料理は量を取り過ぎると胃腸にダメージを

負ってしまうので、翌日に胃痛や下痢などの症状が出やすいそうです。

さらに辛さを抑えるためお酒の量も増えてしまうので悪酔いにつながってしまうそうです。

和らぎ水タイム

日本酒女子会のみなさんはお酒の作法をわきまえていて、飲み会の中盤、お酒が進みやすくなって

しまうところに水を飲む時間帯を設け飲み過ぎを防いでいるようです。

米田先生も目からうろこで、アルコールの濃度を下げる働き、お酒を飲むと利尿作用によって飲んだ分より

多く排出してしまうため慢性的に脱水症状になっているところに水を飲むことはとても良いと

おっしゃっていました。

二日酔い対策

二日酔いになってしまった時は、朝ご飯を食べるのがオススメなのだそうです。

アルコールを飲んだ時は、夜中から朝にかけてアルコールを分解するために肝臓は働いています。

そのため肝臓自体もエネルギーを必要としているので、朝ご飯をしっかり食べてエネルギーを

補給することが大切なのだそうです。

よく朝風呂に入るという対策法を聞きますが、実はそれは危険なのだそうです。

アルコールによる利尿作用などで脱水状態であるのに、風呂に入って汗をかき水分を失うと

脱水症状になる恐れがあるそうです。

アルコールは汗と一緒に出ないのだそうですよ。

しじみもよく効くと言われていますが、しじみなどのオルニチンは飲み会前か飲み会の最中が最適

なのだそうです。

一日で摂取するアルコールの最適量は?

ビール 中瓶1本、日本酒 一合、ワイン グラス2杯が肝臓に負担のない量だそうです。

まとめ

米田先生によるとお酒の強さは遺伝なのだそうです。

ただ、お酒が強い=肝臓が強いわけではないということなので、節度のある飲み方が重要なのだ

そうです。

おつまみの選び方やタイミングで飲み会の続くシーズンを乗り切りたいですね。

スポンサーリンク