2019年12月1日放送の男子ごはんでは「旬の根菜を使った料理」を紹介していました。

「豚巻きれんこんもち」「栗原家の牛ごぼう」「カブと手羽先の甘酢煮」です。

教えてくれるのはお馴染み料理研究家の栗原心平さんです。

豚巻きれんこんもち

れんこんがふわふわもちもちでとても美味しそうです。

【材料】(2~3人分)

豚ロース肉・・・・・9~10枚(180g~200g)鶏ガラスープの素(半練り)・・・小さじ1/3

れんこん ・・・・・・400g        ごま油        ・・・・・・大さじ1

片栗粉  ・・・・・・大さじ1        塩、黒こしょう    ・・・・・・各適量

塩     ・・・・・・小さじ1/2      サラダ菜       ・・・・・・適量

白いりごま・・・・・・小さじ2

しょうゆ、紹興酒、オイスターソース 各小さじ1

水     ・・・・・・大さじ1

【作り方】

1,れんこんをすりおろし、ボウルに入れます

2,鶏ガラスープの素に水、砂糖、しょうゆ、紹興酒、オイスターソースを加えます

3,すりおろしたれんこんの水分を絞ります

POINT すりおろしたれんこんの水分を絞りすぎず、絶妙にのこすことでもっちりとした

食感に仕上がります

れんこんをボウルに入れた状態ですでに出ている水分を切り、軽めに押さえながら

少しずつしぼり、押さえると水分がしみ出るくらいの状態にします。

4、3に片栗粉、塩、白いりごまを加えて混ぜ合わせます

5,広げた豚ロース肉にスプーンひとすくいほとのれんこんもちをのせ巻いて、塩こしょうを

します

※れんこんもちは厚みのある楕円形で

6,フライパンにごま油をひき、フライパンが温まったられんこんもちを並べフタをして

強めの中火で焼き、 片面に焼き色がついたらひっくり返し焼きます

両面に焼き色がついたら2の合わせ調味料を絡めます

7,皿にサラダ菜と豚巻きれんこんもちを盛り付けたら完成です

栗原家の牛ごぼう

栗原はるみさんのレシピそのままだそうです。

【材料】(2~3人分)

ごぼう  ・・・・・・・・250g     砂糖  ・・・・・・・大さじ1.5

牛切り落とし肉・・・200g          赤唐辛子・・・・・・・1本

しょうゆ ・・・・・・・・大さじ3    ごま油 ・・・・・・・大さじ1

みりん、酒・・・・・・・各大さじ1

【作り方】

1,ごぼうの皮をむき、厚さ5㎜の斜め切りにしたら15分ほど水にさらしておきます

2,牛肉を3㎝の幅に切ります

3,ごぼうはざるに移して水気をよく切っておきます

4,しょうゆ、酒、みりん、砂糖を加えてよく混ぜ合わせます

5,フライパンにごま油をひき、ごぼうを入れ強めの中火で炒めます

POINT ごぼうはごま油を絡めるように炒めます

6,ごぼうが少し透き通るようになったら牛肉、種を除いた赤唐辛子を加えて炒めます

POINT ごぼうに火を通しすぎずほどよい食感を残すことで常備菜としても

美味しく仕上がります

7,合わせ調味料を加えて炒め合わせます

水分が少し残った状態になったら完成です

カブと手羽先の甘酢煮

小さめの鍋を使って調理すると、短時間でカブに味がしっかり染みこみます。

【材料】(2~3人分)

鶏手羽先  ・・・・・・・6本          砂糖  ・・・・・・・・小さじ2

カブ     ・・・・・・・3~4個(400g)   塩    ・・・・・・・・適量

三つ葉   ・・・・・・・適量           ゆずこしょう・・・・・小さじ1/2

すし酢   ・・・・・・・大さじ2        水    ・・・・・・・・400cc

みりん   ・・・・・・・大さじ1        酒    ・・・・・・・・大さじ1

片栗粉、水・・・・・・・各小さじ2          ごま油 ・・・・・・・・小さじ1

【作り方】

1,カブは葉を切り落として皮を剥き、4等分に切ります

2.手羽先は骨と骨の間に切り込みを入れて、塩をふっておきます

3,フライパンにごま油をひき、鶏手羽先の皮目を下にして強めの中火で焼きます

POINT 手羽先の皮に焼き目をつけて煮込むことで焼き目がうま味に変わります

4,焼き目が付いたら、水、酒を加え蓋をして5分ほど煮込みます

5,4にカブを入れ沸いてきたら弱めの中火にして5分煮ます

POINT 小さめの鍋を使って煮ていくことで少ない煮汁でも短時間でカブに味が

染みこみます

6,すし酢、砂糖、塩、みりん、ゆずこしょうを混ぜ合わせます

7,5に合わせ調味料を加え、5分煮込んだら水溶き片栗粉を加えますす

8,器に盛り付けみつばを乗せたら完成です

まとめ

根菜というと歯ごたえというイメージしかなかったのですが、れんこんを

柔らかいれんこんもちとして肉巻きにするのはとても新鮮でした。

鍋の大きさによって味の染みこみ具合が変わると言うことも勉強になりましたね。

時間がかかるとか面倒臭いというイメージがあってあまり根菜を使うことが

無かったのですが、どの料理も簡単なステップで作ることができそうです。

スポンサーリンク