2019年11月24日放送の男子ごはんは前回から引き続きBBQ料理を紹介していました。

人気のキャンプアイテムを使いこなそう!ということで炊く、煮る、焼く 炒める

全ての調理機能を備える、今アウトドア界で人気の調理器具メスティンを使った

BBQ料理を紹介していました。

メニューは「オイルサーディンのオムレツごはん」「プデチゲ」「アヒージョ」の3品です。

教えてくれるのは、料理研究家の栗原心平さんです。

オイルサーディンのオムレルごはんレシピ

お米を失敗せずに炊くポイントは、ただ一つ火加減だそうです。

【材料】(2人分)

米  ・・・・・2合            トマト  ・・・・・1個

水  ・・・・・360CC          卵    ・・・・・3個

コンソメ(顆粒)・・1袋(5g)     オイルサーディン・・1缶

パルミジャーノ・レッジャーノ・・5g
(無ければ粉チーズ)          塩、白こしょう ・・・各適量

ナンプラー・・・・・小さじ1

にんにく(みじん切り)・・1片分

【作り方】

1,メスティンに洗った米を入れます

2,水に塩、コンソメを加えて混ぜます

3,オイルサーディンの油を少し切ってからおきます

4,米に2を加え、オイルサーディンを入れフタをして火にかけます

※最初は強火でボコボコ沸いてきたら弱火にします(爪をフタにあて振動で確かめます)

POINT メスティンで米を炊くとき、焼ムラを防ぐ為、火を中心にしっかりあてること

5,ボールに卵を割り入れ、トマトは1.5㎝角mに切っておきます

6,卵を溶いたら塩、白こしょうを加え、すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノ、

にんにく、ナンプラー、トマトを混ぜ合わせたら密封袋に入れてクーラーボックスに入れて

おきます

7,ご飯が炊きあがったら具材の入った卵駅を加えフタをして再び5分弱火で加熱します

フタを開け混ぜ込んだら完成

太一の絶品ホタテときのこのアヒージョレシピ

太一さんはアヒージョを作る時は必ずスキレットを用意するそうです。

【材料】(2人分)

ホタテ貝柱(生食用)・・100g(6~8個)   にんにく(粗みじん切り)・・・1片分

エリンギ  ・・・・・1/2パック          タイム    ・・・・・・・適量

マイタケ  ・・・・・1/2パック          オリーブ油 ・・・・・・・100cc

ミニトマト ・・・・・・4個             塩      ・・・・・・・・小さじ1/4

赤唐辛子 ・・・・・・1本             イタリアンパセリ・・・・・適量

黒こしょう ・・・・・・適量

【作り方】

1,エリンギは半分に切り食べやすい大きさに裂き、マイタケも食べやすい大きさにほぐします

赤唐辛子はへたをちぎって種を取り除いておきます

2,スキレットにオリーブ油を入れ、にんにく、塩、赤唐辛子、タイムを加えて弱火で加熱します

3,2が色づいてきたらエリンギ、マイタケを加え中火で煮ます

4,3にホタテを加え、トマトも入れ黒こしょうをふり煮込みます

最後にイタリアンパセリを散らせば完成です

プデチゲレシピ

【材料】(2人分)

豚切り落とし肉・・・・100g        ボローニャソーセージ100g

水       ・・・・・400cc       中華麺(乾麺) ・・・・・1束

キムチ     ・・・・・150g        酒、みりん、しょうゆ・・各大さじ1

チンゲン菜  ・・・・・50g        韓国唐辛子   ・・・・・・小さじ1

ニラ      ・・・・・・2本        鶏ガラスープの素あ(半練り)小さじ1/2

赤味噌    ・・・・・・小さじ2

※ハムコーナーに売ってますがなければ、普通のソーセージでもOK

マルタイラーメンのように味のついてない麺ならOK

韓国唐辛子がなければ一味唐辛子でOK

【作り方】

1,水に赤味噌、鶏ガラスープの素、しょうゆ、酒、みりん、韓国唐辛子を加え混ぜ合わせ

メスティンに入れ煮ます

2,チンゲン菜は食べやすい大きさに切り、ニラは3㎝の長さに切っておきます

ボローニャソーセージ、豚肉は食べやすい大きさに切ります

3,1に豚肉、キムチ、ボローニャソーセージ、チンゲン菜を入れ少し煮込んで、チンゲン菜が

柔らかくなり始めたら中華麺を入れ、ニラも加えます

※ずっと強火です

4,最後に韓国唐辛子を入れたら完成です

まとめ

今回、初めて「メスティン」という道具を知ったのですが、これ一台あるだけで野外料理の幅が

ぐ~んと広がりますよね。

体の温まる料理を作ることができるので、冬のキャンプにもオススメですね。

スポンサーリンク