最近、スーパーに行くとメカジキを見るようになりました。値段もお手頃です。

2019年10月6日放送の「男子ごはん」では魚介を使ったお家で作れるイタリアンを紹介して

いました。

「メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソース」の作り方を教えてくれるのは、お馴染み、

料理家の栗原心平さんです。

ジェノベーゼソースと聞くだけで難しそうですが、どのように作るのでしょうか?

メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースの作り方

さすが「男子ごはん」だけあって、難しそうなジェノベーゼソースも簡単レシピで

紹介してくれています。

メカジキのソテーがとても豪華に見える一品です。

【材料】(2人分)

メカジキ  ・・・・・2切れ

じゃがいも ・・・・・1個

バター   ・・・・・5g

塩、黒こしょう、片栗粉

・・・・・各適量

オリーブ油 ・・・・・大さじ2

★ジェノベーゼソース

★バジル ・・・・・1パック(約20g)   ★生クリーム・・・・・1/4カップ

★にんにく・・・・・1片           ★塩    ・・・・・小さじ1/4

★黒こしょう・・・・適量

 

【作り方】

1,付け合わせのじゃがいもを厚さ5㎜の輪切りにします

バジルはみじん切りにしておきます

 

2,熱したフライパンにオリーブ油を引き、半量のじゃがいもを並べ、弱めの中火で

じっくり両面を焼き、焼き色がついたら塩をふり火が通ったら取り出します

残りのじゃがいもも同様に焼きます

 

3,メカジキに塩、黒こしょうをふって片栗粉をまぶします

※片栗粉をまぶすことでちゅるんとした食感になり、バターの味を入りやすくします

 

4,熱したフライパンにバターを入れ、オリーブオイルを加えたらメカジキを入れ焼きます

たまに返しながら両面を焼きます

※バターだけでなくオリーブ油を加えることで香りがほんのり立ち美味しく仕上がります

 

5,お皿にじゃがいもを敷いた上にメカジキをのせます

 

6,メカジキを焼いたフライパンでにんにくを炒めバジルを加え、生クリームを入れ最後に

黒こしょうを加えたらジェノベーゼソースが完成です

 

7,5にジェノベーゼソースをかけたら完成です

まとめ

敷居が高いと思っていたジェノベーゼソースもとっても簡単ですね。

メカジキをソテーしたフライパンには魚の脂とバター、オリーブオイルのうまみが残っているので

とても薫り高いジェノベーゼソースに仕上がっていると思います。

メカジキのソテーだけでも、また添えのじゃがいもと一緒に食べてもとても美味しいそうです。

白ワインが合うのだとか。

見た目もとても豪華ですよ。

スポンサーリンク