季節の変わり目は肌が乾燥しやすいですね。

春先や秋の初めはいつも顔の乾燥に悩んでいますし、秋も深まってきた頃には手やかかとの

乾燥もかなりひどくなります。

2019年10月9日放送のバケットでは肌の乾燥ケアでおすすめのプチプラグッズを紹介して

いました。

肌のケアについて解説して下さったのは、医療法人社団康梓会統括院長、日比野佐和子先生です。

DAISOオススメ保湿グッズ5選

日比野先生は、肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下することによって、紫外線などの外部からの

刺激が直接肌の内部にダメージを与えるので早めの保湿を行うことが大切なのだそうです。

1,圧縮フェイスマスク(35枚)

顔の乾燥対策、コスパ最強のフェイスマスクです。一枚当たり2.85円。

普段使っている化粧水を含ませるとマスクが巨大化、そのかたまりを広げれば

肌にもお財布にも優しいマスクになります

耳にかけるタイプで首までケアできるフェイスマスク(10枚100円(税別))も人気だそうです。

2,ハンドマスクパック

20分のながら集中ケアで手の荒れや乾燥をケアします。

美容液がたっぷり入った手袋で、左右つながった状態で収納されているのでハサミで切り離して

使います。

手袋をはめて手首のテープを巻き付け装着したら、美容液ももれることがなく集中ケアしながら

スマホの操作も可能です。

20分で指までしっとり美容液が乾燥することなく皮膚の奥まで浸透してくれます。

足用のフットケアパックもあります

3,トリートメントキャップ

髪のうるおいが復活します。

日比野先生がおっしゃるには、髪の乾燥は枝毛や切れ毛の原因になりさらに静電気は髪に

ダメージを与えるそうです。

トリートメントキャップはシャンプーして、トリートメント後にキャップを着用するだけ。

保湿効果でトリートメントの効果がアップして髪の奥まで浸透します。

フリーサイズで髪の長い方でもOKです。

髪にまとまりが出たと話題になっているそうです。

4,つるすべかかと保湿サポーター

ガサガサのかかともしっとりします。

日比野先生によると足の裏には皮脂を分泌する器官がないので乾燥しやすく、角質層が分厚いので

保湿剤をしっかり浸透させる必要があるとのことです。

つるすべかかと保湿サポーターはかかとにあたる部分は保湿クリームが染みこまないように

コーティングしてあるので、クリームを塗ったあとにサポーターを使用すると、クリームの蒸発を

抑え血行をよくします。

またベットや床を汚さないのも良いです。洗濯をすれば何度でも使うことができます。

5,電動ネイルケア

300円(税別)商品ですが、売れ切れ続出の爪ヤスリです。

日比野先生がおっしゃるには爪も乾燥でダメージを受けるそうで、爪のたてじわの原因のひとつは

乾燥なんだそうです。

お風呂上がりに爪が柔らかくなった時に使用すると楽々けずれ、3つのアタッチメントがついて

いるので3つのステップで綺麗なネイルにすることができるのだそうです。

まとめ

最近では100円ショップの美容ケアグッズはとても充実していて人気も高いそうです。

フェイスマスクもいつも自分が使っている化粧水で使うことができるのも安心です。

美容ケアはその時だけではなく継続していくことも大切なので、経済的にもとても助かりますね。

スポンサーリンク