2019年11月27日放送のバゲットの「気分が上がるランキング」では1000種類以上の

商品を扱う栃木県のアンテナショップとちまるがオススメ商品をTOP5を紹介して

いました。

栃木県グルメランキングTOP5

1位 生どら焼 とちおとめ (200円税込)

明治5年創業 老舗和菓子店「桝金(ますきん)」が一枚一枚手焼きでどら焼の皮を

作り、その皮にとちおとめの自家製ジャムに生クリームを足した特製クリームを

サンドしています。

酸味と生クリームのハーモニーが相性抜群で果肉が残るとちおとめの食感がアクセント

になっているそうです。

2位 ぬるチーズ(580円)

日本に約200頭しかいない稀少なガーンジィ牛のミルクはコクがあってクリーミーで

甘い味が特徴なんだそうです。

ガーンジィ牛のミルクとナチュラルチーズを混ぜてスプーンで伸ばせるように仕上げた

ぬるチーズでパンに塗る以外にも、ベーコンと一緒にパスタに混ぜ込んで卵黄と

こしょうをかけるだけで極上のカルバナーラ風パスタを作ることができます。

3位 ゆうがおのシシロップ漬け(630円税込)

新感覚!かんぴょう屋さんのスイーツ

栃木県が日本一の生産量のかんぴょうはゆうがおの実を皮を薄く削り干したものですが、

同じゆうがおの実を食感を残すために角切りにカットして、レモン果汁、はちみつ、

砂糖、シナモンで煮込んだスイーツです。

ナタデココのような食感で、ヨーグルトに入れるとさらに美味しいそうです。

4位 佐野黒から揚げ(1,296円税込)

新ご当地グルメで一番の特徴はソース味。

こしょうと一緒にソースに3時間から6時間漬け込むことで肉にしっかりと色と味が

染みこんでいます。

栃木県はソースカツ丼やいもフライなどソース文化が根付いている場所で

とちまるショップでも15種類のソースが並んでいます。

佐野市内の20店舗以上のお店が佐野黒から揚げをメニュー化しているそうです。

5位 ご飯にかけるギョーザ(450円税込)

180万個売れたご飯のお供です。

栃木県の名物と言えば宇都宮ぎょうざ。

ぎょうざを焼かなくてもぎょうざの味を再現できる調味料です。

肉を使用していなくておからを使っているのでヘルシーなのが人気だそうです。

栃木県の特産のゆばを作る時にできるおからをピーナツ、にんにく、玉ねぎで

じっくり煮込み最後にラー油とごま油、酢を混ぜ合わせます。

その味はたれにつけた餃子そのもの ごはんとの相性抜群ですが、中華麺に

かけて肉味噌代わりに、ジャージャー麺として食べても絶品だそうです。

まとめ

個人的に栃木県はあまり馴染みがないのですが、アンテナショップでは北海道、沖縄に

続き第3位の入館者数なんだそうです。

確かに魅力的なグルメがたくさんありますね。

 

スポンサーリンク