華道家の假屋崎省吾さんは、個展とお花教室、本の執筆、商品プロデュース、ピアノリサイタル

タレントと5足のわらじをはき、あらゆる方面で活躍されています。

その原動力は「美味しいものを食べること」なんだそうです。

美食家としても有名ですよね。

2019年11月14日放送のバゲットではそんな假屋崎省吾さんがオススメする「老舗の取り寄せ

グルメ」を3品紹介されていました。

高くても2000円台で老舗の味が楽しめるそうです。

京都菊乃井 昆布旨煮

200g 1188円(税込)

10年連続ミシュラン三つ星の老舗料亭の味が自宅で頂けると大好評なのだそうです。

和食の雄、3代目料理長の村田吉弘氏が厳選した、北海道利尻産昆布、選び抜いた椎茸を

長時間かけて柔らかく炊きあげたごはんにぴったりの一品です。

福岡久原本家 茅乃舎だし

30袋入 1944円(税込)

レストランのだしがあまりに美味しいので売って欲しいとお客さんの声から

誕生したそうです。

真昆布、鰹節、焼きあご、うるめいわしと料理長が厳選した4つの天然素材を

手間暇かけて旨みを凝縮した和風だしです。

 

以前「メレンゲの気持ち」で假屋崎省吾さんが料理を披露したときに、使ってらっしゃい

ました。

袋から出してだしをまるごと使った炊き込みご飯はとても美味しそうでした。

滋賀たねや 栗月下

1本入り 2808円

2007年の発売以来、秋の和菓子の中で人気NO.1なんだそうです。

風味豊かな和栗の美味しさがそのまま「和菓子」に。

蒸し栗のようなホクホクした食感はそのままに栗本来の美味しさを閉じ込める独自の

製法で作る秋冬限定のお菓子です。

まとめ

全てのお取り寄せグルメをスタジオの皆さんで召し上がっていたのですが、「美味しい!」の

言葉がでないほどみなさんじっくり堪能していましたよ。

自身で料理もされ、美食家でもある假屋崎さんがオススメするのであれば間違い

なさそうですよね。

スポンサーリンク